富士山とセックスした男

白旗史郎という写真家の写真展を観た
富士山の写真がほとんどだったんだが、かなり圧倒された
1日という時間。1年という時間。阿里耶の何百倍も
富士山を感じ、楽しみ、富士山を知っている。
時、季節、条件によってこんなに表情豊かで美しいんだ
と富士山のすばらしさ、美しさに精通している感じ。
白旗史郎という写真家の感性のすごさに脱帽ではあるが
もっとすごいと思った事がある
それは、富士山に対する愛情だ。
どんな微妙な変化にも繊細に気づき、美しいと感じてくれる
人がいるっていいな。
それほど富士山は奥の深い美しさやすごさがあるのだろう。
でも阿里耶がこの写真家の奥さんだったら嫉妬するだろう。
富士山の変化には敏感でも、私の変化にうといなんて思った
日には××××!!!!
雪に包まれた山頂を下から見上げるショットで映した写真は
山の白肌にキスしてるような、艶かしい愛情を感じた。
芸術ってエッチ★
阿里耶の知り合いでマサイ族とエッチした親父はいるが
富士山とセックスした人は初めてだ
阿里耶なんてまだまだおこちゃまだ〜

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です